ガジェットログ

春からスマホを持つ人が選ぶべきはiPhone?Android?

time 2016/03/20

春からスマホを持つ人が選ぶべきはiPhone?Android?

スポンサーリンク

 

もうすぐ4月、会社や学校など、年度替わりで環境が変わる方は多いと思います。

今までスマホを持っていなかった方や春モデルの登場を機にガラケーから買い替えようという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そのときに恐らく一番初めに悩むのが、iPhoneにするかAndroidにするか・・・だと思います。

さぁどうしますか?

そんな時のために、今回は「春からスマホを持つ人が選ぶべきはどちらなのか?」を考えてみたいと思います!

Android-VS-Apple

 

 

iPhoneのメリット、デメリット

まずはiPhoneのメリット、デメリットを考えてみましょう。

メリット
・操作が極めて簡単。説明書いらず。
・音楽の管理が簡単
・設定項目がわかりやすい。
・カメラ画質が良好。
・写真管理が簡単。
・ケースが豊富。
・iOSのバージョンアップ保証

 

デメリット
・防水機能が無い。
・おサイフケータイ機能が無い。
・ホーム画面にウィジェットが設置できない。
・「戻る」ボタンが無い。
・アプリ同士の連携が限定的。

 

メリットは、総じて「簡単に操作ができる」ということ。

直感的にできるし、説明書もぺらっと一枚ついているだけなのですがまったく問題なく使えます。

また、音楽・写真管理もiTunesに任せておけば良いのでとても便利です。

フォトストリームを使えば、自宅でWi-Fiにつないだら自動的にパソコンに写真を転送してくれるのもとても便利。

これをAndroidでやろうとすると有料アプリが必要になりますが、iPhoneなら無料です。

 

さらに!

 

意外と大きいのが写真画質。

iPhoneのカメラ画素数は、6sで1200万画素です。

最近のAndroid機は2000万画素クラスが当たり前になっています。

実はこれが大きな落とし穴。カメラのセンサーサイズが同じである場合、撮影画素数は少ない方が写真にノイズが乗りにくいという特徴があります。

iPhoneはあえてカメラ画素数を落とすことでノイズの少ない、美しい写真撮影を可能にしています。

そして私的にはこれが最大のメリットだと思っているのがOSのバージョンアップ保証です。

現行のiOS9シリーズはなんとiPhone 4sにまで対応しています。もう3年近く前の機種なのに、です。

Android機は購入した時のOSに1回バージョンアップがあれば良いほうで、3年前の機種をバージョンアップ対象とすることはありません。それはセキュリティホールや既知の不具合が放置されることを意味します。

安全性の面ではiPhoneの方が高いわけです。

デメリットとして、防水機能がないのはちょっと残念ですね。

おサイフケータイ機能がないのも不便に感じるでしょう。

またiPhoneはカスタマイズ性にはあまり優れておらず、ホーム画面のデザインができません。

アプリ同士でのデータの受け渡しに制限があるのもちょっと残念。

例えばサファリ以外のブラウザを使用していて、違うアプリからブラウザで情報を開きたい、などという場合にサファリしか選択できず、通常使っているブラウザにはデータが飛ばせない、ということがあります。

そして私がもっとも不便だと思うのが「戻る」ボタン。Android機には必ずある、「一つ手前に戻る」ボタンがないので操作が煩わしく感じるときがあります。

 

Androidのメリット、デメリット

次はAndroid機のメリット・デメリットです。

メリット
・ワンセグ・フルセグ機能に対応している
・おサイフケータイ機能がある
・防水機能がある
・ストラップがつけられる
・外部メモリに対応している
・「戻る」ボタンがある

 

デメリット
・OSのアップデートが限定的
・メーカーによって違いが大きい
・スクロールや操作がかくつくことがある
・アプリのセキュリティに不安がある
・何もしていないのにバッテリーが急激に消耗していることがある

メリットは主に機能的なものです。ワンセグ・フルセグが見られるのはAndroidだけ。

電車のなかの時間つぶしやニュースを見るのにはぴったりですし、スポーツ中継なども出先で楽しむことができます。

おサイフケータイを使っていたひともそのまま使えます。定期券や各種会員証、カードなどもスマホ1台で全て済んでしまいます。

防水機能も最近のAndroid機には必ずといっていいほど搭載されています。

地味に便利なのが外部メモリ対応です。写真や音楽は外部メモリに保存しておけるので、本体容量を圧迫することなく自由に使えます。

そしてiPhoneのデメリットで紹介した「戻る」ボタン。

これは極めて便利です。

直前にしていた作業に戻ることが可能です。アプリをまたいでも戻れるというのは使い勝手が想像以上に良いものです。

対してデメリットですが、iPhoneはApple社の製造ですが、Androidはいろいろなメーカーが出しており、性能も機能も操作体系もバラバラだったりします。

違うメーカーのスマホに変えたときに使いずらいということが起こります。

またバッテリーの急激な消耗が目立ちます。さすがに以前よりは減りましたが、画面オフにしていたら電源が切れていた、というのが冗談ではなく頻発していた時代もありました。

そして最大のデメリットがセキュリティです。

OSのアップデートがほとんどの機種の場合1回しか行われないためにセキュリティホールや不具合が放置されることになります。

またアプリに関して、iPhoneはApp Storeからダウンロードしますが制限・審査共に厳しく、情報漏洩やウィルス感染などを起こしにくいのですが、AndroidはGooge Playの審査が甘く、現在でもかなりの情報抜き取りアプリが放置されたままです。アプリに与えられている権限などから各自が判断することになるので、よほど詳しい人でないと安全に利用できるとは言いがたい状況です。

いろいろ見てきましたが、私的おススメは「iPhone」です。

スマホ初心者であるうちは、やはりセキュリティの面の不安は無い方がいいように思います。

カスタマイズ性はAndroidの方がはるかに優れていますが、スマホを使い始めたばかりの方に使いこなせるとは思えませんし、直感的な使い勝手はiPhoneの方が上です。

私はiPhoneとAndroidの違いを聞かれたとき、「iPhoneは遊園地で遊ぶ、Androidは砂場で遊ぶのと同じだ」と答えます。

さあ、あなたはどちらを選びますか??

sponsored link

FX、投資

ガジェット

芸能ニュース



sponsored link