ガジェットログ

ノーベル賞受賞者大村先生の異色の経歴、学歴とは!?

time 2015/10/05

ノーベル賞受賞者大村先生の異色の経歴、学歴とは!?

2015年10月5日に、ノーベル生理学・医学賞を大村さとし・北里大特別栄誉教授(80)ら3人が選ばれた。

omurakyouju

受賞の決め手となった功績は、抗寄生虫薬「イベルメクチン」のもとになる化合物である「エバーメクチン」を発見したことです。途上国の寄生虫病患者に年1~2回投与することで、失明を防ぐ薬の開発につなげたことが業績として挙げられています。驚くべきことは、この「エバーメクチン」を発見したのは昭和50年、1975年だということ!

そしてその年に北里大学の教授に就任しているのだが、もっと驚くべきことは、大村先生の異色の経歴である。

スポンサーリンク

大村先生の異色の経歴とは?

以下の経歴を見てほしい。

引用:wikipedia

大村先生は山梨大学を卒業してから、5年間教諭として勤務した後、東京理科大学の大学院で修士課程を修了しているのだ!

単純に学部の学歴だけでみると、歴代のノーベル賞受賞者の学歴は以下のようになる。

東京大学   7人
京都大学   6人
名古屋大学  3人
東京工業大学 1人
長崎医科大学 1人
北海道大学  1人
東北大学   1人
神戸大学   1人
徳島大学   1人
山梨大学   1人

ほとんどが東大、京大で占めている中で地方大学出身者がノーベル賞を受賞するのが如何に難しいかが分かると思います。

さらに、大村先生の凄いところは東京大学で薬学博士、東京理科大学で理学博士を修了しているのです!!ダブルドクターは、世界的にはそれほど珍しいことではありませんが、日本では少数。そして1971年にリトル・アイビーの名門、ウェズリアン大学で過ごした時間と培ったネットワークが大きく影響しています。

現在、大村研究室が見つけた化学物質は471、そのうち26が薬になりました。大村さんは「人との出会いを含めて、運が良かった。『チャンスは準備が整ったところにくる』という言葉を信じている」と話しています。

謙虚で素晴らしい、偉大な日本の科学者です。

本当におめでとうございます。

 

sponsored link

FX、投資

ガジェット

芸能ニュース



sponsored link