ガジェットログ

夏必須!流行りのDCモーター型の最新扇風機3選!

time 2016/06/02

夏必須!流行りのDCモーター型の最新扇風機3選!

毎年日本のどこかで最高気温記録を更新している夏。温暖化なのかどうか知りませんが、本当に暑いのはきついですね。
かといって冷房つけっぱなしは電気代がすごいですし、扇風機はつけておくと脱水症状が怖い…そんな方も多いと思います。

そこで今日はDCモーター扇風機をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

お薦めDCモーター型扇風機の3選!

まずおススメDCモーター扇風機をいくつか紹介いたしましょう。

①ドウシシャ カモメファン Fシリーズ FKRL-251D

kamome

 
カモメファンシリーズの特徴は7枚羽根です。鳥のカモメからヒントを得て搭載したこの7枚羽根が自然で柔らかな風を生み出します。
また最大風量であれば16m先まで風が届くというスグレモノ。10帖の部屋でも端から端まで届くわけですね。
DCモーターならではの省エネであり、最小消費電力は1.6W。通常のAC扇風機は最小消費電力がだいたい30Wくらいですから、どれだけ省エネなのかよくわかります。

 

お値段は22800円~。

 

 

②バルミューダ グリーンファンジャパン

barumuda

 
こちらも省エネ性能ではカモメファンシリーズとどっこいどっこいです。こちらの最大の特徴といえば、専用バッテリーと組み合わせることで20時間運転可能なコードレス扇風機となること。
コンセントが遠い部屋でも使えるのは大きいですね。
また首ふり角度が150°と従来品の約2倍となっており、広範囲に風を送ることができます。
お値段は33000円~。

 

③Panasonic DC リビング扇風機 F-CM339

DC_Living

 
こちらの特徴はシルキーゴールドの上品な見た目とナノイーによる消臭効果、そして立体首ふりです。

ナノイーを放出し衣類についた嫌な臭いを消してくれるので雨の日に大活躍。そして上下左右に首ふりをしてくれる立体首ふり機能で部屋全体に空気の流れを起こし、快適感がアップしています。

お値段は27000円~。

 

DCモーター型扇風機のメリット・デメリット

DCモーター扇風機は今やブームでどこの電器店でも売られていますが、通常の扇風機と比べて何が違うのか?

どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

メリット
自然に近い、極微風が作り出せる
これはDCモーターならではの機能です。実は快適さを長時間保つにはそれほど強い風量は必要ではなく、むしろそよ風くらいでいいのですがその極微風は通常のACモーターでは作り出せません。

 

省エネ性能も相まって、長時間運転には打ってつけです。

 

デザイン性
デザイン家電とも呼ばれており、タッチパネルやLEDによる操作体系を持つなどもはやダイヤルカチカチやスイッチポチポチなどとは次元の違う見た目を誇ります。

これが一台あるだけで部屋がおしゃれに見えること間違いなし!

 

デメリット
多機能・・・・
とにかく機能がやたらと多いです。首ふり角度を調節できたり立体首ふりがあったりというのはいいのですが、それは操作の手間につながります。風だけぱっと浴びるという単純なことなら、通常のAC扇風機で十分と言う方もいるでしょう。

 

高価
これが最大のデメリット。DCモーター扇風機はだいたい20000円~となっており、安い買い物ではありません。通常の扇風機なら1500円くらいからですからね。省エネではありますが、通常の扇風機の10倍以上高額な扇風機を買ったところで安くなった電気代で元を取るのはまず不可能です。

 

 

DCモーター扇風機、いかがでしたでしょうか?高額ではあるけれども、子どもがいてつけたままにすると脱水症状が心配だったり、書類を家で扱ったりする方にはとても良い買い物になると思います。確かに高額ではありますが、健康はお金では買えませんからこういうところで工夫するのはとても大事なこと。
今まで持っていなかった方、ぜひ夏のボーナスで購入してみてはいかがでしょうか?

sponsored link

FX、投資

芸能ニュース



sponsored link