ガジェットログ

もはや雑記なガジェットログ

【体験談】遺伝子検査から効率的なダイエット方法を考えるには?

time 2018/08/21

【体験談】遺伝子検査から効率的なダイエット方法を考えるには?

みなさんはどうやってダイエットしてますか?

運動?

食事制限?

世の中には様々なダイエット方法があり、常にテレビや雑誌で取り上げられていますね!

でもこう思いませんか?

本当にこのダイエットは自分の身体に合っているのか?

って。

ダイエットは万人に合うものではなく、個人が自分の身体の特性をしり初めて最大の効果が得られるものではないでしょうか?

ではどうすれば自分の身体のことを簡単に知れるのか?

それは今話題の遺伝子検査です。

自分の遺伝子を検査してその結果から自分の体質を知ることで効率よくダイエットをしましょう!!

sponsored link

遺伝子検査のやり方は?各社遺伝子検査も比較!

遺伝子検査ダイエット①:GeneLife DIET(ジーンライフ ダイエット)肥満遺伝子検査

ジェネシスヘルスケア株式会社が提供しているのが、GeneLife DIETという遺伝子検査キットです。

世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キット [ GeneLife Genesis ]

こちらの会社では、美容やダイエットだけでなくガンやそのほかの疾病、性格、体質などの総合的に遺伝子検査を行うキット「GeneLife Genesis2.0」や、心理学的に最も信憑性が高いとされるビッグファイブ性格分析を用いて、遺伝学と心理学の2つの側面から性格や才能を分析することに特化した「GeneLife Myself 2.0」、祖先遺伝子検査キット
肌のケアや肌の疾病分析に特化した「GeneLife SKIN Microbiome」など様々なタイプの遺伝子検査キットを提供しています。

「GeneLife DIET」では、「β3AR」「UCP1」「β2AR」という3つの肥満遺伝子を検査し、肥満を「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」「アダム・イブ型」という4種類に分類し判定します。それぞれのタイプごとに体質や太りやすい食べ物の傾向などを知ることができ、ダイエットの参考にすることができます。

検査キットは、結果をWebのみで確認するWeb版のみ(3,980円)と、検査報告書が手元に届くもの(5,989円)とがあります。

 

遺伝子検査ダイエット③:DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット

化粧品やサプリメントなどを販売するDHCの遺伝子検査キットです。

 

金額は5,400円(税抜)で、DHCのオンラインショップかAmazon、電話で購入することができます。

この遺伝子検査キットの特徴も、4つの遺伝子型ダイエットタイプがわかるということですが、値段がGeneLife DIETよりは500円ほど安くなっていますね。

 

遺伝子検査ダイエット③:ジーンクエスト  Lite

株式会社ジーンクエストが提供する「Genequest Lite」はダイエットや老化、メタボ、アルコール、AGA、スキンケア、体臭などの検査を受けることができます。

ダイエットの検査では、基礎代謝量や食欲抑制、脂肪産生、脂質代謝や筋力などを調べることが可能となっています。

後述しますが私もやってみました。非常に分析結果も見やすく食への意識も変わりましたのでお勧めです。

 

遺伝子検査ダイエット④:FiNC遺伝子検査 肥満遺伝子検査キット

FiNCが販売する遺伝子検査キットは、肥満だけではなく、生活習慣についての遺伝子検査を行うことができます。値段は3,900円となり非常にお手頃ですね。

 

この遺伝検査キットを使うことで、痩せられない理由を「糖質による太りやすさ」「脂肪燃焼のしやすさ」「たんぱく質の分解力」の3つのパターンで分析してくれます。

また、検査結果はアプリで簡単チェックにチェックでき、タイプごとに結果を確認したり、生活習慣のアドバイスを見ることができ、遺伝子タイプにあったおすすめレシピを確認することもできます。

出典:https://mall.finc.com/products/284

遺伝子検査キットで遺伝子型が判明した後は、アプリにて生活習慣のサポートをしてもらえるため怠けてしまいそうな方には合っているのではないでしょうか?

実際に遺伝子検査をやってみた結果を公開

 

今回体験したのはジーンクエストLITEなのでこのような解析結果項目になっています。

 

 

 

それではダイエット項目をみてみよう!

まず最初のページはこのようになっています。

 

より詳細な一つ一つの解析結果がスクロールしていくとありました。

まずは気になる食欲抑制について見ましょう。

 

やや太りやすいタイプとの記載

どうやら私は体質的にはやや太りやすいとのこと。

 

 

一体なぜ太りやすいのか詳細を確認してみましょう。

どうやら人よりも「満腹感を得にくい」遺伝子型のようです。

つまり、人よりも太りやすいタイプというのは、満腹感が得られないので食べ過ぎてしまう可能性が高い

ということのようです。

 

つまり食べる量を自分で制御したり、満腹感を得られるようにすればいいということになります。

 

そしてこのような結果に対する生活習慣や食事のアドバイスを詳細に説明してあります。

 

 

 

 

このような結果はまだまだ研究段階なので、今後も更新されていくようですね。

また、一つの項目が悪くてリスクが高いと表示されていても、他の解析結果がそのリスクを抑えてくれるレベルだったりもするので一概に結果に一喜一憂しないで、

結果が悪ければ生活を改善するなど前向きに捉えましょう。

sponsored link

その他・趣味

芸能ニュース

sponsored link

運営

haruki

haruki

エンジニアやりながらブログも更新しています。



sponsored link